イオン導入とその効果

”イオン導入”…と聞けば、

なんとなく、美容成分をお肌の奥へ届けてくれそう…?

というイメージですよね。

イオン導入器とは別名「イオントフォレーシス」と呼ばれ、肌に微弱の電気を流して表皮のバリア機能を一時的に弱めて、肌のより深いところまで水溶性の美肌成分を浸透させる事ができる美容機器です

その効果の高さから 「針を使わない注射」 とも言われています。

ですが、痛みは一切ありません。

実はお肌は、細胞が何層にも何層にも重なっています。

中から外に向けて新しい細胞が作られ、古くなった細胞はどんどん外に押し出されていきます。

その際、一番表面にある角質層と呼ばれる箇所では、細胞は既に死んでいていわゆる「角質」という状態になっています。

普段はこの角質層がお肌のバリア機能も司っています。

みなさんがお風呂に入っても、肌がどんどん水を吸収しないのはこの角質層が外からの異物を中に入れないようにバリアしているからなんです。

しかし!これが美容のお話になると、美容成分が奥まで浸透くれない( ノД`)・・・というでデメリットへと変わってしまうんです。

どんなに高級な化粧水や美容液をお肌にたくさん塗っても、死んだ細胞の集まりである角質層にしか入っていかず、お肌の奥には全然届かないんです。

それを何とかしてお肌の奥へ届けよう!!としたのがイオン導入です。

★美容成分が皮膚の深層にまで浸透する理由…

肌表面の角質層は酸性でプラスイオンが多い状態です。

しかし角質層の内側にある顆粒層という部分はアルカリ性で、マイナスイオンが多くなっています。

その為、角質層と顆粒層の間には微弱な電気が流れています。

そこで、イオン導入器で肌の表面からごく弱い電気を流すと角質層と顆粒層の間に流れる電気の働きを弱めてくれます。

イオン導入器によって肌の深いところまで美容成分を届けることが出来る仕組みなのです。

美容成分を塗布しただけの場合に比べて、30~100倍もの浸透力があると言われています。

★美容成分の種類…

ビタミンC・・・色素沈着のニキビ跡の改善。美肌効果、抗酸化作用によって新陳代謝を促してターンオーバーを取り戻します。ビタミンC誘導体が肌の真皮まで届くことでコラーゲンの生成を促し、この結果シワやたるみの改善や、メラニンの還元、毛穴の引き締め、エイジングケアなどの効果が期待できます。

トラネキサム酸・・・シミやが肝斑の改善、皮膚のハリや弾力を作ることが可能です。抗炎症、止血効果、メラニンの生成を抑制する作用、抗アレルギー作用、ニキビ跡の毛穴を開く効果もあります。トラネキサム酸は、シミを発生させるプロスタグランジンという物質の伝達を阻害します。メラノサイトの活性化えお促進させる物質「プラスミン」の血液を溶かす働きを抑制する効果があります。

プラセンタ・・・プラセンタは美容液や油分が一切入っていない原液を使用するのが一般的です。肌のハリと弾力をキープする力があるプラセンタは、繊維芽細胞とコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどによって構成されています。プラセンタは、表皮にある細胞を増殖させるEGF(上皮細胞増殖因子)といった成長因子があるだけではなく、繊維芽細胞を増殖させるFGF(繊維芽細胞増殖因子)もあります。イオン導入によって表皮の基底層に染み込み、ターンオーバーの改善やシミの改善、小ジワの改善、肌の若返りや老化防止にもつながります。

イオン導入だけでも美肌効果は十分ありますが、レーザー後は特に効果的です!

レーザー後に大切なのは、その後のケアです。せっかくのお肌へのご褒美に栄養たっぷりのイオン導入は是非オススメです(♡´ω`♡)

★☆神成美容外科☆★
コウセイビヨウゲカ

078-242-4380
10:00~19:00

神戸三ノ宮 各駅徒歩5分
ミント神戸 13階

PAGE TOP