小陰唇縮小

小陰唇の気になる部分を切除し、小さくまとまった形に整えます。

小陰唇は、尿道や膣の入り口付近にある、女性器のふたの役目をしている部分です。

小陰唇の一般的な大きさは1cm位ですが、大陰唇から大きくはみ出している場合や、ぶら下がっている場合は小陰唇肥大の可能性があり、縮小手術の適応となります。

性器の形態には元々個人差がございます、他人と比較しにくいこともあり、形や大きさ・左右差などおひとりで悩まれている方はたくさんいらっしゃいます。

また、外見上の問題だけでなく、ジーンズをはいた時や自転車に乗った時などに痛みがあるために治療を希望される場合も多いです。

当院での治療の特徴(メリット)

小陰唇縮小手術は、女性器(外陰部)の手術の中で最も多く、若い方から年配の方まで幅広く受けられております。

美しく自然な形に仕上げるにはデザイン・切除・縫合に専門の技術を要するため、治療は産婦人科ではなく美容外科や形成外科で行われるのが一般的です。

当院では、美容外科ならではの技術を生かして、きれいにデザインし、余分な部分を切除して細かく丁寧に溶ける糸で縫い合わせます。

女性器は元々血流の良いところですので傷の治りも早く、手術跡は目立ちません。

アフターケア

治療内容 小陰唇縮小
麻酔 笑気麻酔+局所麻酔
治療時間 約30分~60分
処方薬 抗生剤・鎮痛剤
ダウンタイム
(回復期間)
腫れ
1週間程度
痛み
数日程度(鎮痛剤でコントロール可能です)
少量の出血
2~3日程度
清潔
シャワー浴
2~3日後から可能です。(強くこすらず、刺激の少ない石鹸をお使いください。)
入浴
1週間後から可能です。
注意事項 腫れや出血が出やすい部分なので、手術当日は歩き回るなどの動きは避け、できるだけ安静にしてください。
腫れが出ている間はアルコールや長湯など血流のよくなることは控えたほうが術後の経過がよくなります。
自転車・バイク : 1週間程お控えください。
激しいスポーツ・性交渉 : 1ヶ月間はお控えください。
アフターケア 治療後、止血確認を行ってからご帰宅頂きます。
それでも2~3日程は少量の出血がありますので、ナプキンをあてて、こまめに交換し、清潔に保つようにしてください。

治療料金

診療項目通常価格(税抜)会員価格(税抜)
小陰唇縮小¥280,000-
PAGE TOP