膣縮小

出産などによりゆるんだ膣の筋肉を縫い縮め、膣内圧を高めるとともに膣内腔を狭くします。

膣の入り口から奥の方にかけての膣壁の筋肉を縫い寄せる際にヒダの形成も行います。

膣のゆるみは、出産や加齢を含め様々な原因でおこります。

一度ゆるんでしまった膣は筋力トレーニングなどの方法で引き締めることは難しく、たとえ効果がみられたとしても効果の持続は期待出来ません。

また特に出産経験者の場合は膣壁もゆるんでいるケースが多く、トレーニングだけで出産前の状態に完全に戻すことは不可能と言えます。

膣縮小手術では、膣の粘膜下にある筋肉を引き締めることにより根本から締まりを良くしますので、一時的な効果ではなく、確実に機能を改善させることが可能です。

当院での治療の特徴(メリット)

膣縮小手術は、クリニックによっては膣の入り口付近だけを狭くする方法を行っているところもございます。

当院では、膣の入り口だけではなく、奥にかけての筋層も引き締めて膣壁の縮小まで行うので、出産前やそれ以前の状態まで修復することが可能です。

アフターケア

治療内容 膣縮小
麻酔 笑気麻酔+局所麻酔
治療時間 約60分~90分
処方薬 抗生剤・鎮痛剤
ダウンタイム
(回復期間)
腫れ
1週間程度
痛み
数日程度(鎮痛剤でコントロール可能です)
少量の出血
2~3日程度
清潔
シャワー浴
2~3日後から可能です。
入浴
1週間後から可能です。
注意事項 腫れや出血が出やすい部分なので、手術当日は歩き回るなどの動きは避け、できるだけ安静にしてください。
腫れが出ている間はアルコールや長湯など血流のよくなることは控えたほうが術後の経過がよくなります。
自転車・バイク : 1週間程お控えください。
激しいスポーツ・性交渉 : 1ヶ月間はお控えください。
アフターケア 治療後、止血確認を行ってからご帰宅頂きます。
それでも2~3日程は少量の出血がありますので、ナプキンをあてて、こまめに交換し、清潔に保つようにしてください。
タンポンのご利用は1週間後から可能です。

治療料金

診療項目通常価格(税抜)会員価格(税抜)
膣縮小¥500,000-
PAGE TOP