眉間プロテーゼ

顔全体のバランスに大きく関わってくるのが鼻です。顔の中心部分にある為、鼻の高さ・大きさ・位置で顔の印象を変えることが出来るのです。

アジア人特有の平面的な顔立ちが気になる方は、眉間にゴアテックス製のプロテーゼ(※1)を挿入して高さを出し、メリハリのある顔に形成する「眉間プロテーゼ」がオススメです。

鼻の付け根から眉間にかけての三角地帯に鼻孔の中を数ミリ切開して人工軟骨(ゴアテックス)を挿入し、眉間から鼻にかけて高さを出して立体的な鼻にします。幅の広い眉間プロテーゼを狭い鼻の中に通さなければならない為、シリコンのような硬い素材のプロテーゼでは狭い鼻の中を通すことが出来ませんが、ゴアテックスで作ったプロテーゼは布のようにしなやかな素材なので、丸めて細くしてから鼻の中を通すことが出来ます。

眉間プロテーゼを単独で行うことは大変稀で、通常は鼻筋を高くする隆鼻術を合わせて行います。

(※1)【ゴアテックス素材のプロテーゼ】

ゴアテックスは布のようにとても軟らかく人体との親和性にも優れているため、医療用として心臓血管外科、あるいは脳神経外科でも以前から使用されており、素材自体人体に害を及ぼさないことがわかっています。またゴアテックス素材のプロテーゼは周囲に被膜(カプセル)が形成されないため、長期的に被膜拘縮による変形、位置の変化もないとされています。

眉間ゴアテックス

眉間+鼻筋ゴアテックス

当院での治療の特徴(メリット)

鼻腔孔の中より数ミリ切開してゴアテックスを挿入する為、表に傷は一切残りません。

使用するゴアテックスの形は患者様一人ひとりの希望に応じオーダーメイドで加工します。他院で既に隆鼻(鼻プロテーゼ)手術を受けられている患者様で、鼻の高さはあるが、眉間が低くバランスが取れていない方に適しております。他院の修正もご相談ください。

【手術の流れ】

切開します。

囲われた範囲を剥離します。

プロテーゼを挿入します。

Case01/眉間ゴアテックスを使用

Case02/眉間+鼻筋ゴアテックスを使用

Case03/眉間ゴアテックス+鼻筋シリコンを使用

アフターケア

治療内容 眉間プロテーゼ
麻酔 局所麻酔 
治療時間 60分
処方薬 抗生剤・鎮痛剤
通院
固定除去
3日後
経過診察
1週間後・1ヶ月後・3ヶ月後
ダウンタイム
(回復期間)
強い腫れ
1週間程度
腫れ
3週間程度
痛み
3日間程度
内出血
2~4週間程度
熱感
3日間程度
キプス・鼻栓
(固定)
鼻先~鼻背・前頭骨の骨膜下を剥離する為、術後3~7日間ギプス固定と鼻栓をしていただく必要がございます。
鼻栓は翌日ご自身で外してください。
清潔
洗顔・洗髪
3日目(固定除去後)から可能です。
メイク
3日後(固定除去後)から可能です。(傷口を除いて)
入浴
翌日から可能です。(長時間はお控えください。)
注意事項 固定を外した後も完全に眉間プロテーゼが安定するまでは鼻を強くかむなど、触らないようにしてください。
うつ伏せ寝・強い力での顔マッサージ・歯の治療(口腔開大)、眼鏡やサングラスの長時間使用は1ヶ月間お控えください。
治療部位の血行が良くなると、腫れ・赤み・痒みが出たり増したりすることがあります。
そのため、治療後24時間は、飲酒・激しい運動・長時間の日光浴・サウナなど高温の場所で長時間滞在は避けてください。

治療料金

診療項目通常価格(税抜)会員価格(税抜)
眉間プロテーゼ¥350,000  -
眉間・鼻筋プロテーゼ¥500,000  -
PAGE TOP