鼻中隔延長

顔全体のバランスに大きく関わってくるのが鼻です。顔の中心部分にある為、鼻の高さ・大きさ・位置で顔の印象を変えることが出来るのです。

美人顔の条件として「Eライン」(※1)が良くあげられますが、Eライン上に唇が位置していることが理想的とされています。 つまり、鼻、あご、唇が一直線上に位置すると、横顔も大変バランスがよく、「黄金比」に叶った美人顔として評価される顔立ちと言えます。

このEラインを手に入れるためには、「鼻中隔延長」手術がオススメです。

「鼻中隔延長」手術というのは、短い鼻や低い鼻先を修正するために鼻先を前方や下方に伸ばす手術です。

生まれつき鼻尖(鼻先)が上向きの方、L型プロテーゼによる変形で鼻が上を向いてしまった方、鼻尖が低く鼻尖の高さが欲しい方、ワシ鼻の方、正面から見たときに鼻の穴が気になる方にオススメの治療方法です。

この手術は鼻柱下部を切開して中の組織が見えるような状態で手術をするオープン法で行います。

左右の鼻孔の間、鼻中隔に移植用軟骨を移植することにより希望の長さや角度に延長して、きれいな鼻の形にする手術です。

(※1)「Esthetic Line」の略であり、歯科医ロバート・リケッツが1954年に提唱した美の基準のひとつで、人間の横顔で鼻尖と顎先を直線で結んだラインのことを言います。

【鼻中隔延長(PRC法)】

移植用ブタ軟骨(PRC)を用いる方法です。

移植用の軟骨をご自身の耳や肋骨から採取する必要がありません。

ブタ生体由来移植用製品は心臓血管外科(心臓弁)や形成外科領域(皮膚)ではすでに医療用として使用されていて、人体への親和性が極めて高く、安全性にも優れています。

【鼻中隔延長(耳介軟骨移植法)】

ご自身の耳介軟骨を採取し、移植する方法です。

当院での治療の特徴(メリット)

通常鼻中隔延長術は鼻孔の奥にある「鼻中隔軟骨」と併せて、耳の後ろから採取する「耳介軟骨」又は胸の「肋軟骨」を使用する方法が一般的ですが、取り出した軟骨が小さめで固定しづらく安定しない可能性や、採取部位に傷が残ることがございます。その為、当院では移植用ブタ軟骨(PRC)※2を使用した「PRC移植」を行っており手術部位以外の傷は一切できませんので安心してお受け頂けます。

また、強度もしっかりしているため、半永久的に持続させる事が出来ます。

(※2)ブタ生体由来移植用製品は心臓血管外科(心臓弁)や形成外科領域(皮膚)ではすでに医療用として使用されており、人体への親和性が極めて高く、安全性にも優れています。

アフターケア

治療内容 鼻中隔延長
麻酔 静脈麻酔+局所麻酔
治療時間 60分
処方薬 抗生剤・鎮痛剤
通院
固定除去
3日後
抜糸
1週間後
経過診察
1ヶ月後・3ヶ月後
ダウンタイム
(回復期間)
強い腫れ
1週間程度
腫れ
3週間程度
痛み
3日間程度
熱感
3日間程度
内出血
2~4週間程度
むくみ
1~3か月程度
 キプス・鼻栓
(固定)
鼻先の皮膚の大部分を剥離して中の軟骨を操作するため、皮膚と軟骨がずれないように術後3~7日間
ギプス固定と鼻栓をしていただく必要がございます。
鼻栓は翌日ご自身で外してください。
清潔
洗顔・洗髪
3日目(固定除去後)から可能です。
メイク
3日後(固定除去後)傷口を除いてのメイクは可能です。
入浴
固定が濡れなければ翌日から可能ですが、長時間はお控えください。
注意事項 固定を外した後も完全に鼻尖が安定するまでは鼻を強くかむなど、触らないようにしてください。
うつ伏せ寝・強い力での顔マッサージ・歯の治療(口腔開大)は1ヶ月間お控えください。
治療部位の血行が良くなると、腫れ・赤み・痒みが出たり増したりすることがあります。
そのため、治療後24時間は、飲酒・激しい運動・長時間の日光浴・サウナなど高温の場所で長時間滞在は避けてください。

症例紹介

(+隆鼻術・鼻尖縮小・鼻尖形成・鼻中隔延長・顎プロテーゼ)

(+隆鼻術・鼻尖縮小・鼻尖形成・鼻中隔延長・顎プロテーゼ)

治療料金

診療項目通常価格(税抜)会員価格(税抜)
鼻中隔延長(PRC移植)¥500,000¥450,000
鼻中隔延長(耳介軟骨移植法)¥660,000¥550,000
PAGE TOP