Dermapen(ダーマペン)

微細はマイクロニードル針で点状の孔をあけて、肌を入れ替える治療法です。

頑固なニキビ痕、毛穴、肌の若返り、小じわ、妊娠線などに効果的です。

短期間で治療の効果を引き出します。

【レーザーでは施術出来ない部分にも使用可能】

Dermapen(ダーマペン)はフラクショナルレーザーと同等の効果が見込め、レーザーでは施術出来ないような顔の細かな部分(目の周りなど)にも使用可能です。

【幅広い治療が可能】

Dermapen(ダーマペン)は針の長さとスピード調節が可能なため、幅広い治療が行えます。

【痛み・不快感の軽減と治療効果の向上】

オートマチックバイブレーション機能により、痛みや不快感を軽減しつつ、薬剤の吸収を促進して治療効果を高められるのもDermapen(ダーマペン)の特徴です。

【適応と効果】

  • 肌の張り、リフティング、若返り
  • 座瘡瘢痕、創傷治癒
  • しわ、小じわの改善
  • 穿孔径を最小限に抑える
  • ストレッチマーク(妊娠線)の改善
  • 脱毛症治療

当院での治療の特徴(メリット)

Dermapen(ダーマペン)はフラクショナルレーザーと同等の効果がみられ、レーザーでは照射できないようなお顔の細かな部分(目の周り)などにも施術可能です。

当院では、グロスファクター(成長因子)を塗布しながら施術を行います。

施術前に麻酔クリームを塗布する為、施術中のお痛みは軽減されます。

個人のお肌の状態を見て、その方にあった針の長さを調整して治療が可能です。

従来のフラクショナルレーザーに比べてダウンタイムが短いのが特徴です。

【治療の流れ】

  1. カウンセリング・診察
    肌の状態や、気になる症状についてカンセリングします。ご希望により、Dermapen(ダーマペン)のメニューを選択します。
  2. 洗顔
    クレンジングと洗顔を行い、メイクや汚れを十分に落とします。
  3. 麻酔
    Dermapen(ダーマペン)の痛みを軽減するため、麻酔薬のクリームを塗り、麻酔効果が出るまで30分ほど待ちます。
  4. 治療
    治療部位にグロスファクター(成長因子)を塗布し、専用機器の電動式オートニードルでお肌に点状の孔をあけていきます。
  5. 治療後
    治療後は薬を塗布して終了です。メイクは翌日から可能です。

アフターケア

治療内容 Dermapen(ダーマペン)
麻酔 表面麻酔
治療時間 麻酔30分 治療10分 
処方薬 軟膏
通院 2週間に1回~月1回
ダウンタイム
(回復期間)
赤み
数時間程度
内出血
数日間程度
痛み
当日
清潔
洗顔
当日から可能です。
メイク
翌日から可能です。
注意事項 アルコールの入ったお化粧水などで刺激を感じる際は、使用をお控えください。
施術後数日は乾燥しやすくなっているため、普段よりしっかり保湿をしてください。
数日後よりかさぶたが形成されます。無理にご自身で剥がさないようにしてください。
日焼けは避けていただき、日中は必ずUVケアをしっかり行ってください。

症例紹介

手術跡

穿刺によるコラーゲン増殖

マウス皮膚(Verhoeff-Van Gieson染色)

ヒト皮膚表面(シリコンレプリカ)

治療料金

肌荒れ・ざらつき・ニキビ跡・ニキビ・毛穴開き・小じわ・くすみ等

診療項目 回数 通常価格(税抜) 会員価格(税抜)
顔全体 1回 ¥30,000 ¥20,000(初回のみ)
6回 ¥180,000 ¥150,000
鼻・鼻周囲 1回 ¥15,000 ¥15,000
6回 ¥90,000 ¥75,000
PAGE TOP