ワキ(多汗症)ボトックス

日本ではワキの下の多汗症人口約720万人(うち重度は約358万人)※と言われていますが、病気としての認知度が低い為、実際に治療を受けるのは約3万5千人~7万人と推察されています。意外と人数は多く、ワキ以外の多汗症も合わせると7人に1人が多汗の症状があると言われています。

※Miramar Labs社調べ

汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺があり、エクリン汗腺は全身に分布しておりますが、さらさらした汗を出すだけで、ほとんどにおいません。

アポクリン汗腺はワキや乳輪周囲・陰部など局所的に存在しており、出る汗は粘り気があり、脂肪や鉄分、蛍光物質、アンモニアなどを含んでいることから、菌が繁殖しやすくニオイが発生します。

エクリン汗腺から必要以上に汗が分泌されてしまっている状態が、多汗症です。

緊張や不安など精神的な理由や、食生活・病気・ホルモンバランスなどの原因が挙げられます。

多汗症の方にオススメなのが、ワキ(多汗症)ボトックス注射です。

ワキにボトックスを注射することによって、患部にボツリヌストキシンという成分を浸透させ、「アセチルコリン」という神経伝達物質を抑制することで、汗を発する元となるエクリン汗腺の働きを抑えることができるのです。

その作用で汗はほとんどかかなくなり、臭いも発しないという原理になります。

ボトックス注射がアポクリン腺へ直接作用するわけではありませんが、汗による臭いの拡散を防ぎ、ワキを乾燥した状態に保って菌の繁殖を抑制することが結果として臭いの軽減に繋がるのです。

このことから、ボトックス注射治療は軽いわきが症状の方にオススメの治療法です。

ニオイがでる仕組み

アポクリン汗腺から出た汗と皮脂腺から分泌された脂分とが混ざり、これが皮膚の表面の雑菌により分解され、低脂肪酸やアンモニアなどに変化して独特のわきが臭となります。わきが(腋臭症)を根本的に直すにはこのアポクリン汗腺を除去する必要があります。

ワキ(多汗症)ボトックス治療はあくまでも、発汗を抑える治療であり、ニオイを抑える効果は弱い為、わきが(腋臭症)でお悩みの方は、わきが治療(ビューホット)をオススメします。

当院での治療の特徴(メリット)

当院が使用する「ボトックス」は厚生労働省認可のアラガン社製「ボトックスビスタ®」のみです。中国製や韓国製の薬剤は一切使用致しませんので、安全性も高く安心して治療をお受け頂けます。

また、ワキボトックスはワキの下に注射をする治療の為、どうしても痛みを伴う治療となります。

その為、当院では痛みを軽減する方法として、笑気麻酔を治療の一環として無料で行っておりますので、痛みに弱い方も、安心してお受け頂けます。

また、ワキだけではなく、手の平・足の裏多汗症治療も行っております。(静脈麻酔がオススメです。別途麻酔代要。)

アフターケア

治療内容 ワキ(多汗症)ボトックス
麻酔 笑気麻酔
治療時間 10分
ダウンタイム
(回復期間)
腫れ
注入後は蚊に刺されたあとのように少し膨らむことがありますが、2~3時間程で落ち着きます
内出血
1週間程度
清潔
シャワー浴
当日から可能です.
入浴
当日から可能で。長湯、サウナはお避けください。
注意事項 注入部位の血行が良くなると、腫れ・赤み・痒みが出たり増したりすることがありますので、治療後24時間は飲酒・激しい運動・長時間の入浴・サウナなど高温の場所で長時間滞在は避けてください。
自己処理での脱毛は2~3日後、レーザー脱毛は1週間後から可能です。
アフターケア 個人差がございますが、発汗を抑える効果は通常、治療後2~3日であらわれ、その後4~6ヶ月持続します。
完治を目指す治療方ではありませんので、症状が再び気になりはじめたときには、改めて治療を行います。
また、注射による内出血が出た場合、より早く改善する為の軟膏を処方させて頂くことも可能です。

治療料金

診療項目通常価格(税抜)会員価格(税抜)
ワキ(多汗症)ボトックス¥80,000¥49,000
PAGE TOP