鼻尖縮小(だんご鼻縮小)

鼻尖(鼻先)が腫れぼったく、丸く大きく見えてしまう方には、鼻尖を小さくスッキリさせる「鼻尖縮小」手術がオススメです。

鼻尖が腫れぼったく、大きく見える原因は複数ございます。

・鼻尖の軟骨が発達している

・鼻尖の皮膚組織が分厚い

・鼻尖の脂肪が多い

上記に当てはまる患者様には、大鼻翼軟骨の切除や余分な脂肪除去、軟骨縫合を組み合わせて治療させて頂きます。治療内容により、鼻孔(鼻の穴)内で治療が出来る「クローズ法」、鼻柱下部を切開して手術を行う「オープン法」のいずれかを用いた方法となり、ご状態に適した治療方法をご提案させて頂きます。

皮下脂肪が厚い場合

余分な皮下脂肪を取り除き、鼻先を細くします。

鼻腔が広い場合

軟骨の翼の部分に糸を通し、角度とカーブを調整します。

当院での治療の特徴(メリット)

鼻尖縮小といえば、鼻翼軟骨を糸で縫い縮め、脂肪除去のみの手術を行われるクリニックもございますが、それだけですと仕上がりが不十分な可能性がございます。当院では、患者様一人ひとりのご状態に合わせて様々な方法を組み合わせてご提案させて頂きます。治療方法によりダウンタイムの期間も異なりますので、治療後のご予定等含めご相談ください。

アフターケア

治療内容 鼻尖縮小(だんご鼻縮小)
麻酔 局所麻酔
治療時間 60分
処方薬 抗生剤・鎮痛剤
通院
固定除去
3日後
抜糸
1週間後(オープン法)
経過診察
1ヶ月後・3ヶ月後
ダウンタイム
(回復期間)
強い腫れ
1週間程度
腫れ
3週間程度
痛み
3日間程度
内出血
2~4週間程度
キプス・テープ
(固定)
治療方法により異なりますが、3日間テープ固定やギプス固定が必要な場合がございます。
清潔
洗顔・洗髪
固定が濡れなければ当日から可能です。
メイク
固定が濡れなければ当日から可能です。
入浴
注意事項 治療後(固定を外した後も)完全に鼻尖が安定するまでは鼻を強くかむなど、触らないようにしてください。
うつ伏せ寝・強い力での顔マッサージ・歯の治療(口腔開大)は1ヶ月間お控えください。
治療部位の血行が良くなると、腫れ・赤み・痒みが出たり増したりすることがあります。
そのため、治療後24時間は、飲酒・激しい運動・長時間の日光浴・サウナなど高温の場所で長時間滞在は避けてください。

症例紹介

(+隆鼻術・鼻尖縮小・鼻尖形成・鼻中隔延長・顎プロテーゼ)

(+隆鼻術・鼻尖縮小・鼻尖形成・鼻中隔延長・顎プロテーゼ)

主なリスク・副作用など

施術説明 丸い鼻先をすっきりとさせる為に、大鼻翼軟骨の切除や余分な脂肪除去、軟骨縫合を組み合わせて行う治療方法です。鼻孔(鼻の穴)内で治療が出来る「クローズ法」、鼻柱下部を切開して手術を行う「オープン法」のいずれかを用いた方法で行います。
主なリスク・副作用 疼痛、赤み・腫脹、内出血、切開創の違和感、硬さ、左右差、感染症
料金 (税抜) クローズ法 150,000円 オープン法 200,000円

治療料金

診療項目 料金(税抜)
鼻尖縮小(クローズ法) ¥150,000
鼻尖縮小(オープン法) ¥200,000
脂肪除去 ¥100,000
PAGE TOP