神戸市中央区雲井通7丁目1-1 ミント神戸 13階 診療時間 10:00 ~ 19:00

ご予約・ご相談・カウンセリング
お気軽にご連絡下さい。

tel:078-242-4380

24目の下ふくらみ取り

24目の下ふくらみ取り

老けて見える・疲れて見える原因の一つとして、下まぶたのふくらみ(脂肪)が挙げられます。

下まぶたのふくらみは放っておくとたるみの原因になるため、
たるみ予防として早めの対応をオススメしております。

下まぶたの裏側の粘膜の部分をほんの数ミリ切開し、余分な脂肪を取り出し、すっきりとした目元へ。

肌表面に傷が残ることのない治療ですので、安心してお受け頂けます。

当院での治療の特徴(メリット)

目の下のふくらみ(脂肪)は、目の下の3ヶ所に存在します。

目の下には上記のように3箇所に脂肪が存在します。
この3箇所の脂肪をバランスよく除去しないときれいな仕上がりになりません。
当院では、まぶたの裏側3箇所からバランスよく脂肪を取り除く為、傷跡を表につくらず、すっきり美しい表情が蘇り、治療後すぐメイク出来るという点で人気の治療です。
また、PRP注射もしくは、脂肪注入を併用することでハリが出て更なる目元の若返りを実現します。

切除
脂肪除去

アフターケア

治療内容 24目の下ふくらみ取り
麻酔 点眼麻酔+局所麻酔
治療時間 30分
処方薬 抗生剤・鎮痛剤・目薬
通院
経過診察
1ヶ月後
ダウンタイム
(回復期間)
腫れ
24時間程度
痛み
数日間程度
内出血
1~2週間程度
むくみ
1週間程度
内出血が気になる方はCEBELIA(内出血予防治療)の詳細ページへ
清潔
シャワー浴
当日から可能です。
入浴
翌日から可能です。(内出血が出ている場合は、2~3日は体を温めすぎないようご注意ください。)
洗顔
当日から可能です。
メイク
当日から可能です。
コンタクトレンズ
1週間後から可能です。
注意事項 内出血がでた場合はコンシーラーで隠してください。
下まぶたの裏側より脂肪を取り除きますので、肌の表面に傷が残る心配もございません。また、抜糸もございません。
洗顔フォームなど使用する場合は、洗顔フォームが傷口に残らないようにしてください。
手術当日から2~3日は目元を冷やしてください。
治療部位の血行が良くなると、腫れ・赤み・痒みが出たり増したりすることがございます。
そのため、治療後最低3日間は、飲酒・激しい運動・長時間の日光浴・サウナなど高温の場所での長時間滞在は避けてください。
また暫くの間は必要以上に治療部位を触らない様にし、顔のエステやマッサージ、うつぶせ寝は最低1週間お控えください。
アフターケア 治療後、気になることがございましたら、その都度診察させていただきます。(診察代:無料)

症例紹介

症例1

24目の下ふくらみ取り 症例写真

症例2

24目の下ふくらみ取り 症例写真

主なリスク・副作用など

施術説明 下まぶたの裏側の粘膜の部分をほんの数ミリ切開し、余分な脂肪を取り出す方法です。
主なリスク・副作用 疼痛、腫れ、内出血、感染、左右差、血腫、傷の赤み
内出血が気になる方はCEBELIA(内出血予防治療)の詳細ページへ
料金 (税抜) 180,000円

治療料金

診療項目 料金(税抜)
24トゥエンティーフォー目の下ふくらみ取り ¥180,000
脂肪注入 ¥100,000

ご予約・お問い合わせ