神戸市中央区雲井通7丁目1-1 ミント神戸 13階 診療時間 10:00 ~ 19:00

ご予約・ご相談・カウンセリング
お気軽にご連絡下さい。

tel:078-242-4380

眼瞼下垂修正手術

眼瞼下垂修正手術

眼瞼下垂修正手術とは

眼瞼下垂とは、開眼時にまぶたを頭方向に引っ張る働きをする眼瞼挙筋群の動きが何らかの理由で悪くなり、十分に目が開かない状態をいいます。
生まれつきの先天的な場合と、老化等による後天的な場合があります。
老化が原因の後天的な場合は、かなりの高確率でたるみを併発しています。
その場合、たるみの除去も必要になります。

眼瞼下垂の修正は形成外科が専門科目です。
たるみの除去は美容外科が専門科目ですが、当院では美容外科技術を習得した形成外科医が両方に精通しているので、この手術を担当させていただきます。
必要であれば、同時にまぶたの脂肪も約半分切除いたします。

なお、似た様な症状にまぶたの皮膚がたるんで垂れ下がり思い通りに目が開かない状態がありますが、眼瞼下垂ではありませんので単に瞼たるみ切除手術が適応になります。

このようなお悩みのあなたにおすすめ

  • まぶたが重く開けにくい
  • 下がったまぶたが気になる
  • 目を開ける時に眉を上げてしまう
  • 頭痛や肩こりがひどい

眼瞼下垂修正手術の原因

眼瞼下垂は主に腱膜性、筋原性、神経原性、腫瘍や外傷に原因があり引き起こされます。
筋肉や筋肉の腱、神経に異常があり、目が開けにくい状態になります。
後天性眼瞼下垂は、加齢により腱膜が伸びてまぶたが上がらなくなる退行性変化によるものと、ハードコンタクトレンズを長期使用することによって筋力が傷害を受ける事が主な原因といわれます。

  • 加齢によりまぶたがあがりにくい
  • コンタクトレンズの長期使用
  • アレルギーなどで目をよくこする
  • 長時間のパソコン使用などによる目の酷使
  • アイプチなどの使用

眼瞼下垂修正手術方法

ご希望の二重瞼線上を目頭から目尻迄切開し、まぶたの中にある瞼板と眼瞼挙筋群を露出させます。
瞼板と眼瞼挙筋群は元々結合していますが、結合している部位をズラして縫い、眼瞼挙筋の開眼するのに働く力がまぶたに伝わりやすくします。
後は二重まぶた切開法と同じく皮膚と皮膚の間に瞼板を挟む様に縫い、二重瞼線と瞼板を癒着させて傷を二重瞼線にして目立たなくします。
この手術は手術中に開眼して頂き、瞼板と眼瞼挙筋群を新たに結合させた部位が適しているか否か、左右差がないか等を確認します。
したがって、手術前の局所麻酔も手術中に手術部位が痛くない様にかつ眼瞼挙筋群の動きを妨げない様に射たなければなりません。
また、開眼し過ぎるとびっくりした時の様な目になります。
以上から、この手術に精通した熟練の技術が必要です。

以前に二重まぶた埋没法をお受けになられた方は、役目を終えた二重まぶた埋没法の糸を抜糸します。
必要なら、同時にまぶたのたるみを切除いたします。
ご希望の方は、同時にまぶたの脂肪も約半分切除いたします。

眼瞼下垂修正手術 詳細

治療内容 眼瞼下垂
麻酔 点眼麻酔+局所麻酔
治療時間 両目2時間
処方薬 抗生剤・鎮痛剤・目薬
通院
抜糸
1週間後
経過診察
1ヶ月後・3ヶ月後
ダウンタイム
(回復期間)
強い腫れ
3日間程度
腫れ
2週間程度
痛み
数日間程度
熱感
数日間程度
内出血
1~2週間程度
固定 治療後、止血のために肌色のテープを貼っています。このテープは24時間後にご自身で剝がしていただきます。
清潔
シャワー浴
お目元を濡らさない様に翌日から可能です。
入浴
1週間後(抜糸後)から可能です。
洗顔
当日から可能ですが目元は治療後2~3日間濡らさないでください。
メイク
当日からアイメイク以外は可能です。
(アイメイクは抜糸後から可能です。)
コンタクトレンズ
抜糸後翌日から可能です。
注意事項 洗顔フォームなど使用する場合は、洗顔フォームが傷口に残らないようにしてください。
手術当日から2~3日は目元を冷やしてください。
治療部位の血行が良くなると、腫れ・赤み・痒みが出たり増したりすることがございます。
そのため、治療後最低3日間は、飲酒・激しい運動・長時間の日光浴・サウナなど高温の場所での長時間滞在は避けてください。
また暫くの間は必要以上に治療部位を触らない様にし、顔のエステやマッサージ、うつぶせ寝は最低1週間お控えください。
アフターケア 治療後、気になることがございましたら、その都度診察させていただきます。
(診察代:無料)

症例写真

症例1

眼瞼下垂 症例写真 01

症例1

眼瞼下垂 症例写真 02

症例2

眼瞼下垂 症例写真 03

主なリスク・副作用など

施術説明 まぶたを切開してゆるんでしまった眼瞼挙筋群を短縮させてまぶたを引き上げる方法です。
主なリスク・副作用 疼痛・腫れ、内出血、感染・左右差・瘢痕
料金 (税込) 495,000円

治療料金

診療項目 料金(税込)
眼瞼下垂修正手術 ¥495,000

眼瞼下垂修正手術についてよくある質問

Q. 頭痛や肩こりが酷いです。また、しわも気になります。眼瞼下垂の影響でしょうか?

A. まぶたが持ち上がらない場合、首を曲げて顎をあげて下目使いで前を見ようとします。
首の筋肉に負担がかかり頭痛や偏頭痛、肩こり・眼精疲労の原因となります。
また、目が十分に開かない状態の時は、モノを見る時に額や眉毛を使ってまぶたを開けようとするため、しわの原因になります。

Q. 腫れはどのくらいで落ち着きますか?

A. 個人差はございますが1週間程度で腫れは落ち着きます。

Q. 手術時間はどのくらいでしょうか?

A. 両目で約2時間程度です。

Q. 手術中に痛みはありますか?

A. 麻酔注射をする時は、チクッとした痛みはございます。
麻酔が効いた後、手術中に痛みを感じることはほぼありません。

Q. 抜糸の必要はありますか?

A. 1週間後に抜糸をする必要がございます。

Q. 術後の通院はありますか?

A. 1ヶ月後・3ヶ月後に経過診察がございます。

Q. コンタクトレンズはいつから使用できますか?

A. 抜糸後翌日から可能です。

Q. 術後の制限はありますか?

A. 術後3日間は、飲酒・激しい運動をお控えください。
また、顔のエステやマッサージ、うつぶせ寝は最低1週間お控えください。

二重術に関連する施術

ノーマル二重埋没法

髪の毛よりも細い医療用の糸で上眼瞼挙筋とまぶたの瞼板を数カ所止め、二重まぶたの構造をつくる施術です。
メスを使用しないため痛みが少なく、手術時間はわずか15分程度です。

24二重埋没法

24二重埋没法は、特殊極小針と特殊な細い糸を使用して施術を行うため、ノーマル埋没法に比べて術後の腫れが少ないのが特徴です。
まぶたの皮膚は薄く繊細ですが当院で使用する特殊極小針はわずか35G(太さ0.15mm)と細く、まぶたへのダメージを極限まで減らすことができるため、術後24時間後にはほとんど腫れはありません。

二重まぶた脂肪取り埋没法

二重まぶた脂肪取り埋没法はご希望の二重ライン上を3mm程切開し、上まぶたの脂肪除去と埋没法を同時に行う施術です。
切開を最小限にとどめているため、抜糸の必要はありません。

二重まぶた切開法

二重まぶた切開法は、デザインした二重ラインに沿って皮膚を切開し、皮膚と瞼板の組織間を癒着させ二重まぶたにする施術法です。
まぶたが腫れぼったく、埋没法では二重を維持しにくい方も半永久的に二重ラインを形成できます。
(埋没法を受けていられる方は、以前の糸を除去してから施術を行います。)

24目力アップ手術

上まぶたの裏側に糸を通して、まぶたを持ち上げる筋肉を縫い縮めて、目の開きを強くする施術です。
24埋没法と同様にメスで切開せず、極小の注射針と極細の医療の糸を使用するためダウンタイムはほとんど生じません。
術後24時間で大まかな腫れが治まるため、仕事や学校に通いながらでも施術を受けていただくことができます。

当サイトの医師監修について

神成美容外科 上田直光 院長

上田直光 院長

神成美容外科 小原直樹 医師

小原直樹 医師

当サイトにおきましては、厚生労働省が定めた医療広告ガイドラインを厳守し、医師監修のもとに掲載しております。
症例写真を掲載しているページにつきましては、施術説明、主なリスク・副作用・料金を表示しております。

ご予約・お問い合わせ